no-image

アスペルガー症候群の少年(15)のコーヒー店が大盛況に!

人気記事
1 : ニライカナイφ ★ :2017/05/26(金) 19:58:56.90 ID:CAP_USER9.net

◆アスペルガー症候群 15歳、おれにしかできないことを

■自宅でコーヒー豆の店開店 群馬・桐生

発達障害のため学校になじめず苦しんだ群馬県桐生市の岩野響(ひびき)さん(15)が中学を卒業した今春、コーヒー豆の販売店「HORIZON LABO」を自宅にオープンした。究極のコーヒーの探求と「障害と向き合いおれにしかできないことを見つける」ことを目指し“ラボ(研究室)”と名付けた店で焙煎(ばいせん)した豆は、早くもコーヒー通の注目を集めつつある。


岩野さんは小学3年生の時、アスペルガー症候群と診断された。

(省略)

営業日は毎月1〜7日(11〜19時)のみで、それ以外は両親が営む染め物洋品店の手伝いや焙煎の研究に充てている。それでも5月は7日間で県内外から1000人以上が店を訪れ、完売の盛況ぶりだった。

今は、豆を買ってくれた人の「おいしい」という一言が何よりうれしい。「季節に合わせて自分らしいコーヒーを出したい」。6月は芽吹いた木々が力強くなっていくのに合わせ、濃いめに仕上げる予定だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする