da307246e672904cba30c0e5523c8bc6.jpg

米空軍と戦力対等レベルになる中国がステルス機に対AWACSミサイルを実戦配備 え、これもう詰んでね?

人気記事

1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/02/15(木) 15:58:48.70 ID:ccVEtlbb0.net BE:155743237-PLT(12000)

揺らぐ米空軍の優位 中国、新型空対空ミサイル実戦配備へ 英戦略研「ミリタリー・バランス2018」発表


[ロンドン=岡部伸]英国の有力シンクタンク国際戦略研究所(IISS)は14日、世界の軍事情勢を分析した報告書「ミリタリー・バランス2018」を発表した。中国が新型長距離空対空ミサイル「PL15」を開発し、2018年に実戦配備するなどロシアとともに空軍力を米国と対等レベルに急速に強化している。同研究所は「冷戦崩壊以降、米国とその同盟国が当たり前に支配してきた空の優位性が揺らぐ」と警告している。

(省略)

また中国が独自に開発した第5世代ステルス戦闘機、殲(J)20を配備させた。これまでステルス戦闘機で武装する能力を持っていたのは米国と同盟国だけだった。同研究所は「最新長距離空対空ミサイルとステルス機配備を受け、東シナ海や南シナ海の海洋権益拡大に向けた中国軍の活発化が懸念される」と分析した。

(省略)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする