ホリエモン「小・中学校や高校が行う教育の9割は意味がない」

人気記事

1 : 名無しさん@涙目です。(香港) :2018/05/28(月) 22:11:31.62 ID:u867lOqS0●

小中高教育の9割は意味がない──ホリエモンは「ルールを壊すのではなく、現実の種明かしをする人」だった

3月30日、ベルサール東京日本橋にて、サイボウズ主催の「チームワーク経営シンポジウム」を株主総会の前に開催しました。

パネル1「ホリエモンと、語ろう。」では、モデレーターにBUSINESS INSIDER JAPAN統括編集長浜田敬子さん、パネラーに堀江貴文さんと弊社代表の青野慶久を迎えて、働き方についてディスカッション。

新しいカイシャの姿やこれからの生き方などのテーマが盛り上がった前編に続き、堀江さんが考える「教育」について、今後の展望を聞きました。

「小・中学校や高校が行う教育の9割は意味がない」と言い切る堀江さんが、あえて高校を作る理由とは?

ニッチに思えるけん玉もグローバル視点で見れば大きな市場がある

堀江 貴文 どんどん仕事が機械化していけば、次は遊んでいるやつが最強の時代ですよ。

浜田 「遊ぶ」とはどういうことですか。

堀江 貴文 例えば、友達に児玉健さんっていう、けん玉と人狼ゲームだけで稼いでいる人がいるんですよ。もともとは不動産の営業をしていたんだけど、30歳くらいのときに「楽しく生きたい」と、突然会社を辞めて。


何か計画があって辞めたんですか?

堀江 貴文 いや、まったくなかったんじゃないかな。仕事を辞めたあとに、けん玉と人狼ゲームに出会って、それをめちゃくちゃがんばった。

今、人狼ゲームは10代の人たちの間ですごく流行っていて、彼らの中では児玉さんは大スターなんです。オンラインの人狼ゲームには現れないけど、児玉さんと遊びたいというニーズは根強い。

けん玉の分野でも、「ZOOMADANKE(ず〜まだんけ)」というパフォーマンスユニットで活動し、地方や海外に遠征しています。

青野慶久 けん玉って一見ニッチですけど、グローバルな視点で見たら、それなりの市場があったってことですよね。

堀江 貴文 相当でかいですよ。技術と組み合わせれば、eスポーツ的な展開もありえますよね。

小中高で行われている教育の9割は意味がない堀江 貴文 僕らが子どものころって、そうやって遊んだりゲームしたりすると、制限されたじゃないですか。もうね、アホじゃないかと。

浜田 子どもがけん玉やゲームが好きだったら、制限しないほうがいいってことですか。

堀江 貴文 そりゃそうでしょ。

青野慶久 うちもゲームを全面解禁しようかな。

浜田 いやいや、でも、ゲームばかりしていたら、成績下がるかもしれないじゃないですか。

堀江 貴文 いいじゃないですか、どうせ大した成績じゃないんだから。

hamadaaono(笑)

(省略)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする