[驚愕]ドイツで18年間の間に21人も死亡した謎の会社、やっと犯人が逮捕される……

人気記事
01-3.jpg

1

同僚のランチのサンドイッチにこっそりと毒の粉を混ぜたとして56歳のドイツ人男性が逮捕された。
この会社では過去18年間の間に21人もの従業員が死亡している。警察は容疑者が21人の死にも関係があると見ており調査中。

容疑者は若い頃からドイツ北西部シュロス・ホルテ=シュトウケンブロック会社で働いていた。
5月に同僚のサンドイッチに毒を混ぜ、同僚がサンドイッチに不審な粉が混ざっているのに気付き、警察に通報。

警察がすぐに監視カメラを調べたところ、同僚のサンドイッチに何かを混ぜている容疑者の姿がはっきりと映っていた。また容疑者の荷物からは粉が入った小瓶が発見された。

この小瓶を分析した結果、重金属成分である酢酸鉛(さくさんなまり)であることが分かった。酢酸鉛は臓器に損傷を引き起こす有害物質である。家宅捜索をしたところ、容疑者の家からは
水銀、鉛、カドミウムなどの重金属物質が多数発見された。

警察は、過去に死亡した21人の従業員の医療記録をもとに、死亡原因を再調査し、可能であれば埋葬されている遺体を再び掘り起こし検屍をしたいという。死亡した従業員の中には2年間昏睡状態に陥り、死亡した人もいた。

仮に過去の21人をこの容疑者が全てころしたとなれば終身刑は免れないだろう。ドイツでは106人の患者をころした元看護師が終身刑を宣告された。

http://gogotsu.com/archives/41238

2

どこのドイツだよ

3

Monsterかよ

6

大口病院事件を解明しろや

8

こういうのって大体ドイツ、英国、北欧だよな
アメリカでやらかしてるのもこの系統の人達
北西ヨーロッパの暗黒面だな

9

産業スパイかなんかなん?

11

あれ?日本でもそういう看護師がいる病院あったけどその後が全く報道されないな?

18

>>11
大口病院ね
神奈川県だから迷宮入りになった


12

ドイツだけに毒さつ

13

むかーし、日本でも給湯室のポットに薬物入れて同僚の体調悪くする事件あったな。
死んではいないみたいだが。

43

>>13
宅間守が用務員時代にやったが心身喪失で処分保留の
お咎め無しなんだよな

67

>>13
ザイエンス新潟支社毒物混入事件だな
金を使い込んだ馬鹿が東京本社の監査が来ることを知って
このままでは使い込みがばれる
騒ぎを起こせば監査どころではなくなると思い犯行に至る・・・

14

21人てw 死に過ぎだろ

19

どいつもいい加減だな普通21人も死ぬ前に犯人捕まるだろ

21

陰湿ってレベルじゃないな
西欧はこういう狂気あるよな

23

これ掘り起こした遺体ってどの程度あれなの?

59

>>23
重金属とかは骨とか皮に残ってる可能性があるからじゃね

24

公の場所にはすべて防犯カメラを設置するべき
それしか対策がない

31

警察無能w

32

これはヒドイツ

34

ナポレオンとかも?
あれはヒ素かな?

39

なんで欧米ってたまに頭おかしいシリアルキラー出てくるのかね

40

サイコパス

41

死因が同じような感じなら3人目で気付けや

47

ドイツって、この手の犯罪多い気がする
そりゃラテン系から嫌われるわ

49

前にドイツの病院でもあったな。あれは100人超えてたっけか

58

いかにもドイツっぽい

27

捜査機関の怠慢ちゃうのコレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする