クラシックの指揮者って何が凄いの?棒振り回してるだけじゃん・・・

人気記事
1289733i


過去のおすすめ記事の再掲です


4 名前:名無しさん@涙目です。(埼玉県)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:14:27.53 ID:X6O6MPxI0

同意、演奏者もほとんど見てないしな

7 名前:名無しさん@涙目です。(神奈川県)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 21:15:14.09 ID:OW4IJilz0

指揮棒の先に糸がついてて全員を操ってるから

14 名前:名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:16:14.85 ID:+O1q6KCR0

実はあんまり凄くない

75 名前:名無しさん@涙目です。(青森県)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:28:25.01 ID:+o9aEnjQ0

マジレスすると同じ曲でもかなり印象が変わる

85 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:30:42.96 ID:RFxEJKqg0

>>75
それがよくわからん
何が違うのだろう

142 名前:名無しさん@涙目です。(関西地方)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 21:39:27.62 ID:WJbxg6xe0

>>85

全然違うんだぜ

http://www.youtube.com/watch?v=uJJXu6hrNe8

172 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:44:35.10 ID:RFxEJKqg0

>>142
ほ~、なるほど
これは違うなあ、解釈や表現の違いってやつか
ありがとー

318 名前:名無しさん@涙目です。(東京都)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 22:31:22.06 ID:FL0RqHx/0

>>142
面白かった


10 名前:名無しさん@涙目です。(東京都)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:15:21.35 ID:lyTBeEUE0

指揮者がいない場合

金管:木管死ね
木管:弦死ね
弦楽器:打楽器死ね
打楽器:金管死ね

指揮者がいる場合

金管:指揮者死ね
木管:指揮者死ね
弦楽器:指揮者死ね
打楽器:指揮者死ね

15 名前:名無しさん@涙目です。(長屋)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:16:15.95 ID:cF/eB/Mm0

>>10
ワロタ

18 名前:名無しさん@涙目です。(京都府)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:16:53.42 ID:4UlM1FpK0

>>10
なんという一致団結、ハーモニー。これなら指揮者は必須だな。

25 名前:名無しさん@涙目です。(千葉県)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:18:23.96 ID:1EIH7BsC0

>>10
説得力あるなw

47 名前:名無しさん@涙目です。(中部地方)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:22:27.58 ID:WpO+PAoy0

魂こめ過ぎて顔芸してる指揮者は死ぬべき

50 名前:名無しさん@涙目です。(長屋)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 21:23:11.32 ID:C/s82Q5ci

ノリノリで棒振ってればいいんだろ?

51 名前:名無しさん@涙目です。(catv?)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:23:39.42 ID:KZZxou6x0

タクトって安モンでよさそうなのに
どうせめちゃめちゃ高いんだろ

61 名前:名無しさん@涙目です。(中部地方)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:26:15.55 ID:7Px/LN/F0

>>51
指揮棒は打楽器
台とか壁とか奏者とかを叩くのに使う
なので折れにくい高級品は1500ほどする

69 名前:名無しさん@涙目です。(宮城県)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 21:27:31.80 ID:26FQyS9S0

>>61
安いじゃねーかw

63 名前:名無しさん@涙目です。(関西・北陸)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:27:03.24 ID:b505JNeWO

練習で一人一人の音を聞き分けてここはこうしろとか指示してるの だから舞台に立った時点で9割は完成してる

65 名前:名無しさん@涙目です。(東京都)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:27:08.98 ID:awQaIfy50

奏者は一流なんだけど、同じ曲でもそれぞれ解釈や奏する方法が違うわけで、
それを全体としてまとめあげる役割。

なので、カリスマ性がないと難しいそうだ。
徹頭徹尾スパルタなの人もいれば、
ある程度の自主性を認めつつ、締めるところは締める人もいるそうな。

106 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 21:33:58.50 ID:bcY9+TVz0

スコアをどう解釈するかが指揮者の仕事だから。本番前の段階で指揮者の仕事は
殆ど完了しているんだわ。本番では確かに見栄え程度といってもいいかもしれん。必要だけどね

149 名前:名無しさん@涙目です。(dion軍)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:40:18.00 ID:RSC3hrP20

>>1

同意

http://www.youtube.com/watch?v=9cVIOuvDUGE

335 名前:名無しさん@涙目です。(群馬県)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 22:49:33.85 ID:bjR1bDIn0

>>149
パガニーニがw

139 名前:名無しさん@涙目です。(長屋)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:39:05.68 ID:RvXVw0sL0

N響が指揮者なしでチャイ4演奏したの見てみろw
あれは奇跡的演奏だってのが伝わってくるから

577 名前:名無しさん@涙目です。(東京都)[] 投稿日:2011/08/22(月) 16:25:14.76 ID:461OnSra0

このときのコンサートってDVDになってたりしねーのかな
買うのに…

191 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 21:48:42.77 ID:wYeipicy0

速ければ速いほど優秀な演奏と言えるのだろうか

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5814694

276 名前:名無しさん@涙目です。(catv?)[] 投稿日:2011/08/21(日) 22:11:39.93 ID:Ma8H1JaiI

聞き比べるとわかるって議論はオーオタのケーブルとかに近い気がするな。
表現力する仕事なんだから違いを出そうとするのは当たり前なんだけど、
違うことは当てられてもどっちが良いかは言えないみたいな感じになりそう。

283 名前:名無しさん@涙目です。(埼玉県)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 22:12:38.79 ID:p/OGFXA60

>>276
その辺は好みになるんじゃね

74 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:28:21.95 ID:5GZOeIn40

専門の指揮者の歴史は150年くらいしかないんだろ

152 名前:名無しさん@涙目です。(catv?)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:40:51.68 ID:Cbym/9Sj0

>>74
メンデルスゾーンが初めての専門指揮者だったっけ。
それまではコンサートマスターが指揮者みたいな
役目だったらしいし。

ぶっちゃけ古典派の管弦楽曲は指揮者なしでもいけるね。
マーラーはじめとするロマン派の巨大な交響曲だと、
指揮者なしではむちゃくちゃになると思う。

これまで見たなかで一番驚いたのはウェーベルンの歌曲を
ブーレーズが指揮した演奏。演奏者3人(クラリネット、
ギターと歌手)の前にブーレーズが立って指揮してた。
さすがに笑ってる観客もいた。

125 名前:名無しさん@涙目です。(catv?)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:36:45.01 ID:bTy2DA2V0

指揮してて、指揮杖で自分を強打して死んじゃった人もいるんだぞ
命がけだ

153 名前:名無しさん@涙目です。(dion軍)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:40:52.45 ID:MM+xCuHt0

>>125

リュリ

指揮者よりはコンマスの方が見てるな




http://ja.wikipedia.org/wiki/ジャン=バティスト・リュリ

ジャン=バティスト・リュリはフランス盛期バロック音楽の作曲家。

1687年1月8日、リュリはルイ14世の病からの快癒を祝して『テ・デウム』を指揮した。
当時の習慣に従って、長くて重い杖を指揮棒として使い、それで床を打ってリズムをとっていたのだが、
誤って足を打ち、膿瘍ができた。やがて傷口から壊疽を起こして、3月22日に急死した。

225 名前: ◆4dC.EVXCOA (東京都)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 21:56:33.42 ID:smAEhC970

超ダイジェスト、最恐指揮者ムラヴィンスキー

http://www.nicovideo.jp/watch/sm455824

これ見ると指揮者がリハーサルで何やってるか分かる





http://ja.wikipedia.org/wiki/エフゲニー・ムラヴィンスキー

エフゲニー・アレクサンドロヴィチ・ムラヴィンスキーは、ロシア出身の指揮者である。
20世紀におけるソ連・ロシア・東側諸国指揮界の第一人者、世界でも有数の指揮者の一人に挙げられる。

249 名前:名無しさん@涙目です。(東京都)[] 投稿日:2011/08/21(日) 22:04:26.10 ID:Vg7xIEfa0

マジレスすると上手な指揮者が振るとそれだけでオーケストラの質が高くなり
より素晴らしい演奏になる

つまり小澤征爾は最強




http://ja.wikipedia.org/wiki/小澤征爾

小澤 征爾は日本人指揮者である。
2002-2003年のシーズンから2009-2010年のシーズンまでウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めた。
栄典・表彰歴として文化勲章受章など。日本人音楽家として最も世界的に成功した音楽家。

288 名前:名無しさん@涙目です。(神奈川県)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 22:14:59.37 ID:j75g3zdc0

カラヤンは作曲者の意図に忠実だから一回は聞いて置くとよいと思う。

チャイコフスキーの1812では合唱からきちんと演奏しているし。




http://ja.wikipedia.org/wiki/ヘルベルト・フォン・カラヤン

ヘルベルト・フォン・カラヤンはオーストリアの指揮者。
1955年よりベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務め、
一時期それと同時にウィーン国立歌劇場の芸術監督の地位にもあったことなどから日本では「楽壇の帝王」と称されることもあった。
20世紀後半のクラシック界のみならず、広く知られたマエストロ(巨匠)の一人である。

289 名前:名無しさん@涙目です。(愛知県)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 22:15:16.88 ID:j8/MNT2M0

アダージョ・カラヤンのCDはたぶん生涯聴き続けるCDだろうな

358 名前:名無しさん@涙目です。(catv?)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 23:34:53.33 ID:rDtgqhnZ0

こういう指揮なら、観に行きたくなる

バーンスタイン/チャイコフスキー5番




http://ja.wikipedia.org/wiki/バーンスタイン

レナード・バーンスタインは、ユダヤ系アメリカ人の作曲家・指揮者である。
アメリカが生んだ最初の国際的レベルの指揮者になり、ヘルベルト・フォン・カラヤンやゲオルク・ショルティと並んで、20世紀後半のクラシック音楽界をリードしてきたスター音楽家だった。

438 名前:名無しさん@涙目です。(catv?)[sage] 投稿日:2011/08/22(月) 00:59:45.25 ID:NchmNeqR0

ロジェストヴェンスキーの練習風景?

http://www.youtube.com/watch?v=iF1nj1w0d2Y




http://ja.wikipedia.org/wiki/ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーはロシア人指揮者。
ロジェストヴェンスキーは長い指揮棒を用いることで有名である。
歴代のロシア人指揮者の中でも、一、二を争う爆演系指揮者として知られ、
ソ連文化省交響楽団とのショスタコーヴィチ交響曲第5番や第11番などを始めとする、非常に「ロシア風味」でアクの強い演奏を多く残している。

476 名前:名無しさん@涙目です。(福岡県)[] 投稿日:2011/08/22(月) 03:06:25.93 ID:i+fDNZcm0

>>438
すばらしい!
この人ほんと指揮がうまいよねー
「練習がコンサートを殺してしまう」とか言ってた
好きだなーロジェストヴェンスキー
現役のときにもっと注目しとけばよかった
ほんと楽しい指揮者
音楽はもちろん指揮見るのがまた楽しい

479 名前:名無しさん@涙目です。(広西チワン族自治区)[] 投稿日:2011/08/22(月) 03:29:09.61 ID:oQn8gnwlO

>>1
振り回さなくても指揮は出来るけどな

フリッツ・ライナーは電話ボックスで指揮が出来ると言われていた

http://nicovideo.jp/watch/sm372618




http://ja.wikipedia.org/wiki/フリッツ・ライナー

フリッツ・ライナーは、ハンガリー出身(ユダヤ系)の指揮者。シカゴ交響楽団音楽監督。
レパートリーは広く、どの演奏も、オーケストラの機能性を十全に発揮した筋肉質で純度の高い表現を見せる。
とりわけ、リヒャルト・シュトラウスの交響詩や出身地ハンガリーの作曲家で個人的にも親交のあったバルトーク、圧倒的な力感に溢れたベートーヴェンの交響曲、
などについては現在も非常に評価が高く、名盤とされる

160 名前:名無しさん@涙目です。(北海道)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 21:42:44.06 ID:wb1rIVpX0

もんすごくわかりやすく言うと、ドレミの歌を演奏するとして
「ドッ」はドーナツのド「レッ」はレモンのレ~って言うように、「」の部分を強調させた演奏をさせたり
ドはドーナツのド~、レはレモンのレ~、(略)「ソッ」は「あ・お・い・そ・ら・~~」みたいな感じで
初めは平坦に、ソから大胆に強調させる演奏をさせたりするのが指揮者の役目

その人次第で全く違う「ドレミの歌」になる

184 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:47:16.80 ID:LiWbqbBa0

>>160
そういう事いつも聞いてるし、俺もそう思ってるけど、
指揮者が指揮棒でリアルタイムに指示を出して演奏者が反応してるなら
練習って意味無くない?全員プロで楽譜も読めて演奏も及第以上なんでしょ?
って思ったりするわけよ。

203 名前:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:51:39.12 ID:AYw86BUyO

>>184
本番の指揮者なんてまさに飾り
たまに走ってるパートおさえる位しか仕事ない

212 名前:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越)[] 投稿日:2011/08/21(日) 21:53:06.23 ID:g2l3fU+tO

>>184
練習で事前に打ち合わせておくことも多いよ。
大きな流れの中でこの部分をどういった意味を持たせてどう演奏してほしいかは、その場その場では無理だから。

もちろん演奏中の指示に含まれる演奏イメージに関する情報量も尋常じゃない。

182 名前:名無しさん@涙目です。(愛知県)[sage] 投稿日:2011/08/21(日) 21:46:35.20 ID:j8/MNT2M0

ウィーンかベルリンフィルの演奏を1度生で聴いて見たいものだ
高いんだろうけど・・・

328 名前:名無しさん@涙目です。(catv?)[] 投稿日:2011/08/21(日) 22:41:44.06 ID:dp+RIiZf0

>>182
大枚はたいて有名オケを聞きに行く場合に、どのプログラムを聞きにいくかは悩むところ
(全部聞くと10万以上かかるので。。。)

そういう場合、大好きな曲は避けて、好きでも嫌いでもないぐらいの曲を聞きにいくのがおススメ

大好きでCDを沢山所有しているような曲は自分の頭の中にイメージが出来上がっているから
たとえ一流オケのコンサートに行っても感動が少ないことが多い

逆に、好きでも嫌いでもないぐらいの曲だと
欧米の一流オケなら今まで自分の気づかなかった曲のよさを教えてくれることが結構ある。

423 名前:名無しさん@涙目です。(愛知県)[sage] 投稿日:2011/08/22(月) 00:34:01.33 ID:9KZJKKVZ0

指揮者の練習風景ってやっぱり一人で髪振り乱しながら棒降ってんの?
あとでそれをビデオでチェックしたり?

431 名前:名無しさん@涙目です。(豪)[] 投稿日:2011/08/22(月) 00:45:55.11 ID:NFXQLnu+0

>>423
想像してクソワロタ

435 名前:名無しさん@涙目です。(福岡県)[] 投稿日:2011/08/22(月) 00:51:45.68 ID:i+fDNZcm0

>>423
小沢征爾さんは腕立て伏せしてると言ってたよ

小澤征爾ベスト101
小澤征爾&ウィーンフィル ニューイヤー・コンサート2002 [DVD]
アダージョ・カラヤン・プレミアム




関連記事

クラシックってロックより芸術性が高い音楽なの?
バッハの音楽かけながらのオ◯ニー神々しすぎワロタwww
2011/08/30 15:30

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする