夢の物質「有機半導体」の製造に成功、京都大学

人気記事

1 : :2019/09/25(水) 00:33:28.80 ID:yfHgqauq0.net

京都大学大学院工学研究科の崔旭鎮大学院生と関修平教授らは、米イリノイ大学やベルギーのモンス大学との共同研究で、抗がん剤「エリプチシン」が有機半導体として優れた材料であることを発見した。通常は電気の伝導性が低い水素結合を持つ有機半導体で、電子の伝導を観測できた。


(省略)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする